Poland’s Law and Justice says no to Orbán’s Patriots

Home フォーラム メンバーズフォーラム 時事ニュース Poland’s Law and Justice says no to Orbán’s Patriots

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にTonyにより1週、 2日前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3758
    Tony
    モデレーター

    Euronewsから。

    ポーランドのPiSはヴィクトール・オルバンの「欧州のための愛国者」同盟を拒否し、ECRグループのジョルジア・メローニとの残留を選択。

    ポーランドの「法と正義」党(PiS)は、強硬派の欧州保守改革派(ECR)グループの一員であり続けることを決定し、同党の当面の政治的将来をめぐる数日間の憶測に終止符を打った。
    このニュースは、内部の意見の相違のために延期された後、水曜日にハイブリッド版で開催されたECRの構成会議で正式に発表された。

    つまりPiSは、ECRファミリーの支配的な人物であるジョルジア・メローニに留まることを選択し、欧州議会最大の極右グループの設立を目指す新たな同盟、いわゆる「欧州のための愛国者」への参加というヴィクトル・オルバンの申し出をはねつけたことになる。

    「私たちは双方向から誘惑を受けている」と彼はポリティコ・ヨーロッパに語り、オルバンの新しいイニシアチブについて言及した。

    国会関係者がユーロニュースに対し、PiSは他のグループと交渉に入ったと語った。

    メローニかオルバンか?

    PiSがオルバンではなくメローニを選んだ理由はすぐには明らかにならなかった。

    ハンガリー首相はウラジーミル・プーチンと緊密な関係を維持したいという悪名高い願望を持っており、ポーランド人との摩擦を引き起こしている。ポーランド人はロシアの指導者を嫌悪しており、彼の戦争経済を麻痺させるためにより厳しい制裁を一貫して主張している。

    オルバンは対照的に、西側の制裁の効率性を公然と疑問視しており、現在、ウクライナへの66億ユーロのEU軍事支援を阻止している。

    水曜日のニュースは、次期議会でのECRの影響力拡大を望むジョルジア・メローニに安堵のため息をもたらした。 政権に就いて以来、イタリア首相は欧州の舞台でより現実的なスタンスを採用し、EU圏の意思決定プロセスの一翼を担うことを求めてきた。

    彼女の支持は、移民と亡命に関する新協定(PiSの同盟国が正面から反対した野心的な改革)を阻止する鍵となった。 しかし、彼女の影響力はまだ限られている。先週のEUのトップ交渉で、メローニは主要中道政党から排除され、激しい反発を招いた。
    ポーランドの盟友を失えば、彼女の野心に新たな打撃を与えることになる。ECRは欧州議会議員を84人から64人に減らし、最近達成した議会第3位の地位を放棄することになる。

    急落が回避されたことで、メローニと彼女の仲間たちは、自分たちの影響力を最大化し、中道右派の欧州人民党(EPP)とケースバイケースで同盟を結び、環境法制を阻止し、不定期移民を抑制する努力を続けることができる。

    水曜日の会合では、ニコラ・プロカッチーニ(FdI)とヨアヒム・スタニスワフ・ブルジンスキー(PiS)が今後5年間の共同議長に選出され、この2つの代表団がグループ内部で主導権を握ることになった。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
上部へスクロール