NATO、フランスの脱退を懸念

Home フォーラム メンバーズフォーラム 時事ニュース NATO、フランスの脱退を懸念

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にTonyにより1週、 1日前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3769
    Tony
    モデレーター

    RTから。

    NATO、フランスの撤退を懸念 – メディア
    右派政党「国民集会」がフランスで行われた予備選挙の第1回投票でトップとなった直後の報道である。

    フランスのNATOからの「撤退」に対する懸念が、極右勢力が同国の次期選挙で多数の議席を獲得しそうなことから高まっている、とEuractivが複数の匿名の外交官の話を引用して報じている。この情報筋は、ウクライナへの支持が後退する可能性を懸念材料として挙げている。

    NATOの目的やウクライナへの援助に繰り返し疑問を呈してきたフランスの右派政党「国民集会」(RN)は、フランスの予備選挙の第1回投票で33%の得票率を獲得し、トップに立った。エマニュエル・マクロン大統領の中道派「アンサンブル」ブロックは20%で3位にとどまった。マクロン大統領は、EU議会選挙でRNに大敗したことを受けて解散総選挙を招集したにもかかわらず、である。

    第2回投票は7月7日に予定されており、RNは国民議会で最大280議席を獲得すると予想されている。

    木曜日、Euractivは無名の外交官の話を引用し、RNがマクロン大統領の外交政策、特にウクライナへの軍事援助を繰り返し批判していることが、NATOの主要同盟国の多くを悩ませていると伝えた。
    RNが野党になったとしても、同党はフランス議会で大きな影響力を持つだろう、と同誌は指摘している。

    Euractivの情報筋は、新しい指導者の下で、パリはNATOの軍事司令部から離脱することで、NATOからの「ソフトな離脱」を選ぶ可能性があると主張している。

    1966年、当時のシャルル・ドゴール大統領は、フランスが軍事ブロックの創設メンバー12カ国の1国であったにもかかわらず、パリをNATOの統合軍事司令部から脱退させた。この決定は2009年に正式に撤回された。

    軍事専門家のミシェル・デュクロは、NATOの共同ミッションに参加するために、フランスはより少ない人数でより質の低い軍隊を派遣するという「ソフトで微妙な」脱退を推し進める可能性があるとEuractivに語った。同誌はまた、フランスはNATOの中で大きな役割を果たしており、NATOの長期戦略に大きな影響を与えていると強調している。

    マリーヌ・ルペンは、RN党の元指導者であり、現在は議会で党の派閥を率いているが、ウクライナ紛争に関するマクロン大統領の立場を何度も批判している。彼女は、国家指導部がフランスをロシアとの戦争に引きずり込む危険を冒していると繰り返し述べている。同党はまた、重要な共有利益についてロシアとの対話を推進してきた。

    しかし、RNのジョルダン・バルデラ現党首は、金曜日に “戦争が続いている間はNATO統合軍司令部からの離脱はない “と述べ、ブロックに対してよりソフトな姿勢を示している。

    https://www.rt.com/news/600450-euractiv-france-rn-victory-nato-exit/?utm_source=Newsletter&utm_medium=Email&utm_campaign=Email

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
上部へスクロール